司法書士の川嵜です。

信託は、作ったら終わりでいいのでしょうか?

どうゆうことでしょう?


家族信託は、作ったら終わりか?

家族信託は、10年、20年、30年続く契約です。
ですから、家族信託の設定業務が完了してからが、実は始まりなんです。

でも、家族信託を扱う専門家は、

・家族信託を作ったら業務は終わり 
・お客さんとの関わりも終わり

と考えているところが多いんですね。

私は、このような専門家を、「作ったら終わり型 専門家」と呼んでいます。

信託の組成という、業務の処理が終わったら、その案件は終わりです。

そのような専門家に、10年後に問い合わせるとどうなるか?

「えーと、あのう・・・」

となって、過去の資料を探すのに大きな時間がかかったり、場合によっては、

専門家 困る

ちょっと資料を破棄したのでわかりません。

ということになってしまいます。

案件の内容は、専門家の頭の中にあるだけ。

最悪、その専門家が辞めたり亡くなったりして、いなくなると、
その当時のことは誰もわかない、ないなんてことにもなりかねません。

事務員 謝る

先生はもう亡くなりました。わかる人はいません。
申し訳ありません。

こんなことになったら、とても怖いと思いませんか?

リスクを取るために信託しているのに、最大のリスクは設計した専門家ということになってしまいます。


信託は、作ってからが大事

その点、当法人は、「作ってから重視型」です。

実は、私の事務所でも最初は「作ったら終わり型 専門家」だったんですね。

しかし、家族信託を専門にして、案件を重ねるにつれ、「これではまずい」と感じるようになりました。

担当したものが、病気で倒れても、万一、亡くなっても、大切なお客様のデータがしっかり保管され、後を継いだ人もわかるようにする必要がある。

お客様の大切な財産の手続きをさせていただく身としては当然だと思います。

そのために私(川嵜)は、2つのことを行いました。

・事務所の法人化
・顧客管理システムの導入

まずは、法人化について。

事務所を法人にすると、司法書士が2人以上、必要になります。

お客様の業務も法人として、複数人で行うことになります。

法人化のためには、司法書士なら誰でもいいわけではありません。
信託に真剣に取り組む専門家と一緒にする必要があります。

そこで出会ったのが、山田司法書士だったんですね。

これで、川嵜が倒れても、司法書士がいなくなることもありませんし、事務所がなくなることはありません。


次に、顧客管理システムの導入です。

実は、この顧客管理システムは導入まで2年の歳月がかかりました。試行錯誤を繰り返しながら、ようやく完成できたんですね。

これで、大切なお客様の財産やその管理のデータを、間違いなく引き継ぐことできます。

ですから、担当者が倒れても、いなくなっても永続的にお客様の情報を把握することができます。

5年後、10年後、20年後に、案件のことを聞いても、

オペーレター

○○様ですね。大丈夫です。
当事務所ではその当時の情報が残っていますから、すぐ対応できますよ。

このような対応ができる体制を、当事務所は構築しております。

信託は、長く続く契約です。

作ってからが始まりの、「作ってから重視」のサポート体制で、当法人は対応いたします。