家族信託とは

家族信託とは、このような契約です。

【私】の財産を、【あなた】に託します。
だから、【あの人】の事を頼みます。

信用できる人に財産を託し、自分や大切な人を守ってもらう。

家族信託は、自分や家族を守るために行う、個人間の信託です。

平成19年の法改正により使えるようになりました。

信託銀行や信託会社は通しません。

信託といえば、投資信託を思い出されるかと思いますが、投資信託は利益を追求するもの。

一方で、家族信託は家族が安心して暮らせる仕組みを作るものです。投資信託とは全く関係ありません。

では、どんな使い方ができるのか?

当法人で扱った、典型的な事例を紹介します。


家族信託【事例】認知症で親のお金が凍結!?成年後見は避けたい(お金の管理)

家族信託【事例】アパートの管理を子どもに任せたい

家族信託【事例】施設に入ったら、自宅を売りたい

家族信託【事例】<事業承継> 後継者に会社の株を渡したい

家族信託【事例】<子のいない夫婦>妻の後は、姪に財産を渡したい


当法人代表の川嵜が運営するこちらのサイトでは、家族信託の事例を動画で紹介していますので、併せてご参照ください。


ホームへ